勉学に

去る 28お天道様朝方 10中、九里市銅高等学校で韓国外食業務中頃会サッカー同好会東部(一心)組と西部(神佑)組が親善競技を進行した。
この日競技(経済)ではドウンナルシにもかかわらず特別にゼガルチァングギュン中頃会長を含めた多くの直轄支会支会長が参加してスポーツマンを励ました。
“活動を通じて得た元気な私とメンタリティで仕事場生活にベストをつくそう”はゼガルチァングギュン会長のあいさつのセリフを初めに始蹴仕様、親善競技になった。
競技結果は熾烈な対戦あげく一心組の占領に帰った。 ゼガルチァングギュン会長は競技下部 MVP 6奴を選んで賞金を伝達するなど一線でベストをつくしている職員を励ました。

韓食を筆頭して導いている韓国外食業務中頃会(中頃会長ゼガルチァングギュン · 下記中頃会)と韓食財団(理事長ユンスックザ), 大韓民国習慣メニュー総同盟会(副会長シンテフン)が我が国の固有のお酒です習慣株活性化に出る。
韓国外食業務中頃会と韓食財団、大韓民国習慣メニュー総同盟会は 19お天道様ソウル中区所在ナムサンゴ-ル韓屋村で ‘習慣株複製人力育成のための職責協定’を結んで小さ目習慣株複製兔許収得などを含んです勉学に互助する事柄にした。
その間焼酎はオール焼酎と独自焼酎大体複製と勧誘が出来あった。 しかし去る 2月々 5お天道様政府はパブリックレストランで濁酒と薬酒 · 清州を直接製造して販売することができるように焼酎複製兔許調子を緩和させて国中韓国仕様レストランが小さ目焼酎複製兔許を取得して勧誘ができるようにする ‘酒税法施行令’を改編した。
これによって中頃会、韓食財団、同盟会は ‘小さ目習慣焼酎複製兔許’ 収得に対する今年のお天道様初取り組み販売で都心と忠清圏根本韓国仕様レストラン 20ヶ所(ソウル野原 10ヶ所、京畿野原、5ヶ所、忠青野原 5ヶ所)を考えで該当のレストランだけの特有したお酒を勉学して兔許を取得させる腹積もりです。 また 2017年からは全国にある韓国仕様レストランを選別して習慣株活性化販売をGET系統にする事柄にした。